自分には10年以上飼っている猫がいます
スコティッシュフォールドという猫種の♂です
甘えん坊で 抱っこが好きで ちょっと怒りっぽいです
めちゃくちゃ可愛いです

その猫なのですが
暑くなってから涼しい場所で寝ていることが多くなり
老猫なのでわりとずっと寝ているのは以前からだったのですが
それよりもずっと寝ているし
以前は抱っこしたらかなりの確率で喉をぐるぐる鳴らしていたのですがそれも少なくなり……
本当にここ最近はすごく暑かったので
短絡的に「暑いからなのかな?」と思っていました

4日前のことです
とても調子が悪そうになり
様子もとてもおかしくなりました

食欲はすごくあるのですが
他のフードボウルに足を突っ込みながらご飯を食べたり
風呂場まで追いかけてきてシャワーの水がかかるのも気にしない(うちの猫は水が嫌い)
というおかしな行動が見受けられ
さらに以前いつも寝ていたベッドから降りる際に着地を失敗しました

もしかして目が見えてない?と疑問を抱き近くのかかりつけの病院に行ったところ
血液検査・・・慢性腎不全
眼の検査・・・眼底出血していて両目見えていない 腎不全からくる高血圧でなったのかも
血圧検査・・・正常
足・・・検査はしていないが血統から来る奇形で痛みが出ているかも

との診断をされました
慢性腎不全は老猫はほぼなると言っていいほどの病気らしく
もともと膀胱炎になりやすい猫でしたが
老猫ということもありずっと進行していたようでした
眼底出血は腎不全の高血圧でままあることのようでしたが
両目同時なのは急すぎるということ
血圧が正常なので
なぜだろう?という感じでした

腎不全の薬と療養食のサンプルをもらいました

腎不全と失明という猫の状態に
自分は本当に本当に自分に失望して
なんで早く気づいてやれなかったのか
忙しさにかまけてちゃんとじっくり見てあげられていなかったことを
激しく後悔しました

そこから2日
いただいた薬を飲ませて療養食をあげていました
ご飯はモリモリ食べるのですが
たまにじっと動かなくなったり
本当に辛そうにしていて
これは足がすごく痛いのではないか?と思いました
詳しく検査をしてもらおう と思い
以前猫が腎不全を起こしたときに通っていた
いろいろな設備が整っている
大きな動物病院に連れて行くことにしました

この数日は
自分も眠れず 食べられず
もしかしたら猫がこのまますぐに死んでしまうのではないかと
不安と恐怖でいっぱいになり
本当に生きた心地がしなかったです

次の日
キュートリゾートの発売日でした
発売日なのでかなりバタバタしていましたが仕事を終えた後その大きな病院へ

検査の結果
目の検査・・・見えている・眼底出血も無し
エコー・・・腎臓の形はとてもきれい・大きさも問題なし
尿検査・・・色が薄い・腎臓の機能が弱っている
レントゲン・・・血統から来る奇形で背骨が変形しかなり痛みがででいる

慢性腎不全なのには変わりありませんが
動かないのはこの背骨のせいで痛みが出ているからだということがわかりました
さらに 目が見えているとのこと

ステロイドの注射を打ってもらって
水分を補給する点滴をしてもらって
サプリとステロイド剤を処方してもらいました

眼底出血が治り 失明していなかったことと
痛みがあるのはとてもかわいそうですが
弱り切っていたのではなく背中が痛んで動けなかったということ
それの解決方法があることがわかって
自分はめちゃくちゃ安堵しました

同時に
やはりそのことに気づかず
暑いのだろうと勘違いし
痛いのを我慢させていたことを激しく後悔しました

家に帰るとちょっと前のように元気に歩き回りだし
さらに少し家を空けて帰ると
玄関のドアから飛び出してきて「ニ゛ャ゛ー!」(どこ行ってたニャ!?的な感じ)と鳴きました
これも少し前のわりと元気な頃にしていた行為で 最近はしていなかったので
とても嬉しかったです

お金はすごくかかってしまいましたが
大きな病院で検査してもらって良かったなあと思いました

しかし背中の痛みを止めているだけで完治ではなく
進行した慢性腎不全もあるということから
油断はできないのには変わりません
猫には人生を長く快適に生きられるように
できる限りのことをしていこうと思います

また スコティッシュフォールドはとても人なつっこく可愛い猫種で大好きすが
このような奇形での痛みを負わせるリスクが高いことを今回いろいろ調べて知りました
特にたれ耳に発症しやすいとのこと
うちの猫は垂れ耳です
常識なのかもしれませんが 自分は全く知りませんでした 無知でした
もし スコティッシュフォールドが家族にいる方は
ぜひ 足や手や腰の痛みなどに気をつけてあげてください

こんなことがありまして
でもキュートリゾートの発売日というめでたいことの前後に
Twitterなどで暗い話はしたくないと思い
でも結果的に少し明るい話にはなったかと思うので
こちらで書かせていただきました
(もともと自分のことを話すのが得意ではないということもありますが)

ゲーム発売日前後はとても忙しくなるので
本当にしんどかったです

そんなこんなで
コミックマーケット94は
今でも仕事が重なり本が出るかわかりませんが
猫の容態次第では完全に本は出ないかもしれません
かなり悪くなった場合欠席もあるかもしれません
グッズは既に入稿済ですので
また落ち着いたときにお知らせしたいと思います
どうぞよろしくお願いいたします

カテゴリー: Blog